婚約指輪のお返しの相場

このサイトでは、婚約指輪に関する情報をアフターフォローを含めて詳しく紹介しています。
贈られた場合にお返しをした方がいいのか、その場合の相場についてよく知らない人も多いのではないでしょうか。
時計を返礼品として贈ることも多いですが、それには理由があります。
また、特に返礼品を贈らなかったという人もおり、それが普通なのかも気になるところです。
時計意外の品物でおすすめの品物についてもその理由と合わせて解説します。

婚約指輪にお返しは必要?相場はいくら?

婚約指輪にお返しは必要?相場はいくら? 婚約指輪を頂いた際には、お返しの品物をお礼として渡すことが多いです。
最近では結納を行うことは少なくなりましたが、結納では男性側が女性側に結納品を渡します。
そのお礼に結納返しを行うのですが、その風習は地域によって異なります。
そういった結納返しに倣って、婚約指輪を頂いたらお返しをすることが多くなってのです。
ただし、必ずお返しをしなければいけないと決まっているわけではありません。
婚約指輪のお礼に品物を選ぶ場合の相場は、頂いた婚約指輪の半額か3分の1程度とされています。
例えば100万円の指輪であれば、30万円から50万円程度が相場となります。
30万円程度の指輪を頂いた時には、10万円から15万円程度が相場です。

婚約指輪のお返しをしないのが普通の地域もある

婚約指輪のお返しをしないのが普通の地域もある 婚約指輪のお返しは地方によってしたりしなかったりです。
関東のほうでは半返しといってお返しをしますが、関西のほうではしないとも言われています。
そのため相手の出身地がどこで、結婚に対してどのような風習があるのかというのは調べておいたほうがいいです。
半返しがなかったからといって相手の家庭が非常識というよりも、そういう風習である可能性が高いです。
結婚生活を送っていると家だけでなく、生まれ育った地域によって違うということがよくあります。
あまり驚かずにそういうものだと思っておいたほうがいいです。
本当ならば返さないといけないにもかかわらず返さないというのも失礼にあたりますが、返さないのが普通なのに返ってきてしまうとそれはそれで相手側に気を使わせてしまいます。
「うちの地域ではこれが普通だから」と言わず、相手方の地域の習慣に合わせたほうがいいこともあります。
婚約指輪を半返ししないといけない地域の場合、お返しするものといえば相手が普段身につけているものと言われています。
ちなみに半返しとは指輪の値段の価格の半分から1/3くらいの値段のものを贈るということです。
多少値段に差があるのは地方の風習というよりもその家がどのように考えているかというのもあるでしょう。

婚約指輪に関するお役立ち情報

浜松 婚約指輪